2018年7月10日 豊福先生の作品は思風都の入り口に。アンゲロニアは混みあったら剪定してあげましょう。水鉢に浮かべてテーブルにおけばオシャレ

2018年6月12日 思風都の玄関の鉢は四角◇です。              去年のエキナセアもさいてます(写真右の手前の花)

   姫われもこうの育て方。「来年も花を咲かせます!」植え替えましょね
   姫われもこうの育て方。「来年も花を咲かせます!」植え替えましょね

2018年5月8日 以前の花も頑張っています

①今月の寄せ植えを頑張るメンバー。ガラスに映っている人も、カメラ目線の人も、楽しんでいます

②以前の花もがんばっています。左から2017年4月のダイコン草とユリ、2017年12月のガーベラ、

2015年4月のミントブッシュ(紫の花)  いずれも2018年5月9日撮影

2018年4月10日 今日は好天にめぐまれました

このところホントに天候が(気温が)安定せず、寒かったり5月中旬の気温だったりですが、今日はまさに春のうららかな陽気。ガーデニングの会場を提供していただいている思風都も満員のお客様で、場所を使わせていただくのが申し訳ないようでした。

今月のお花の育て方は、どれも「日当たりと風通しの良い場所で、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりを」とのことです。

写真には、2月の花その後(ヒヤシンス)と、思風都の花を手入れする豊福先生 を載せました。

2018年1月23日 初植え、新年会、お久しぶりの方…

少し遠くへ引っ越しされたUさんがきてくださいました。一緒に寄せ植えをして、お食事会も。遠くからありがとう。

食事会ではおいしいお料理に加えてUさんの持ってきてくれたお土産、豊福先生からは美しいバラの花など、素敵なプレゼントがあり、お腹いっぱい心いっぱい。みんな、ありがとう!

いまさらですが、会場を提供してくれているレストラン思風都さんにあらためて感謝です。場の提供がなければこんな素敵な方たちとの出会いもないのだし、ほんまにありがとうです。

  (容量の関係で写真掲載に限りがあります。すみません)

2017年10月10日 なんだかとっても雅やかです

「ムラサキ」で連想するもの…なぜか【源氏物語】「紫式部って、作者の名前だったっけ?」「紫の上っていたよねえ」「あれは葵の上やろー」「だって、若紫もいたやん」(元)文学少女たちがいろいろ夢見ながらの寄せ植えでした。 解決していなかった「本紫式部とコムラサキについて」は、トップページにちょっと触れました。同じ園芸種で「白式部」も「桃式部」もありましたよ。さらに、今回使ったのは「紫」ともいうらしい。園芸種としてどんどん進化していますね。紫は日本人の好みに合ういろなんですって。今月は紫系三種で、器もロマンティックで、やっぱり寄せ植えは楽しいです。来月もよろしく。